大空の安全を守り抜け!

「ぼく管」の愛称で親しまれている「ぼくは航空管制官」は、空港を舞台にした交通整理ゲームです。
飛行機は自由気ままには動けません。 離着陸の時はもちろん、地上を走行する時にさえ、無断で動くことは禁じられています。

飛行機の状況をみきわめて、すべての指示や許可を行っているのが 「航空管制官」 という職業。
航空管制官として、すばやく安全に的確な指示を出し、大空の安全を守りぬくことが、あなたの重大な使命です!

臨場感豊に再現された空港を感じながら、空域や離着陸する飛行機の位置を把握して
立体パズルを解くように楽しむゲーム、それが「ぼくは航空管制官」 です。


◆ 2012年発売の3DS版の一場面です。3DSでは奥行のある迫力の立体視がお楽しみ頂けます。

「ぼく管」の記念すべき第1作は、1998年にWindowsのPCゲームとして株式会社テクノブレインから発売されました。

「ぼくは航空管制官1」と呼ばれるこのシリーズは、ドット絵風の箱庭タイプの空港に飛行機や空港車輌が動き回り、
空港の情景が効果的に再現されていました。
空港を舞台に、航空管制をゲームに仕立てた、これまでにない新しいジャンルのゲームとして誕生しました。

2001年からは、デフォルメされたキュートな3Dモデルで構築された「ぼくは航空管制官2」シリーズが発売され、さらに2008年からは
リアルスケールの3Dモデルで表現された、より実物に近い雰囲気に満ちた「ぼくは航空管制官3」シリーズが発売されました。
初代「ぼく管」の誕生から実に15年を迎えようとする超ロングセラーの大人気航空パズルゲームなのです。


◆ これらの画像はPC版(テクノブレイン社製品)からの一場面で、左から「ぼく管1」、「ぼく管2」、「ぼく管3」です。PC版のリアルな表現の変遷がよくわかります。


ソニックパワードでは、テクノブレイン社のオリジナル製品が持つ 『空港の情景』、 『航空管制の楽しさ』 を、より多くの皆さんにお届けする為、 シナリオの増強や追加要素を盛り込んだ 【ぼくは航空管制官 / エアポートヒーローシリーズ】 として、家庭用ゲーム機、携帯電話、スマートフォン向けの製品をリリースしています。

HOMEどんなゲーム?あそびかたサポートリンク

 このサイトをご覧になるためには、最新の flash player が必要です。
 「ニンテンドー3DS」および「NINTENDO 3DS」は任天堂株式会社の登録商標です。

Copyright © 2012 Sonic Powered Co.,Ltd. All Rights Reserved.